きじもんアメリカ KIJIMON AMERICA

アクセスカウンタ

zoom RSS エドガー・アラン・ポーの家 The Edger Allan Poe Cottage

<<   作成日時 : 2014/06/07 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ウッドローンセメタリーツアーのあと、同じブロンクスにある、エドガー・アラン・ポーが晩年住んでいたという家「ポー・コテッジ」に行きました。この家が建てられたのは1812年、ポーが奥さんと奥さんのお母さんと住んだのは、1846〜49年です。

After the cemetery tour, We went to the Edgar Allan Poe cottage in Bronx. He moved here with his wife,Virginia and his mother-in-law in 1846, and lived until 1849. The house was built originally in 1812

画像


画像


結核を患う奥さんの健康のために、空気のいい郊外に越してきたのですが、奥さんは1年後に亡くなってしまいます。まさにこのベッドでなくなったそうです。ポーも2年後、メリーランド州ボルチモアを旅行中に謎の死をとげます。

Poe hoped that the quiet Cottage, surrounded by fields and orchards and far from the noisy and polluted city, would help Virginia recover from tuberculosis. However Virginia died in the cottage in 1847. Poe died two years later, during a trip to Baltimore.

画像


ニューヨークには、いくつも築100〜350 年の歴史的建造物が保存されて残っていますが、大概は、お金持ちの豪邸。ポーの家は、唯一の庶民の家、それも貧しい庶民の家が残っているというのが特色です。貧しいといっても日本人からすると、大したおうちと思うのですが。

There are many 100-350-year old houses in New York City under preservation and most of them are mansions. They say the Poe's cottage features ordinery poeple's house, even poor's, not like other mansions.
But from the view of a Japanese, it seems quite lovely spacious house. www

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
エドガー・アラン・ポーの家 The Edger Allan Poe Cottage きじもんアメリカ KIJIMON AMERICA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる